> 出産内祝い豆知識

出産内祝い豆知識

感謝の気持ちを込めて

新しく誕生した赤ちゃんの写真や、名前の入ったメッセージカードなどを同封し、赤ちゃんの紹介と名前お披露目の意味も込めるとよいでしょう。
赤ちゃんの人生の第一歩です。 一枚のお写真から、御礼の気持ちとはじめましてのごあいさつ。


出産内祝いの豆知識

お返しする時期と、贈り方について

お祝い返しは、通常は出産一ヶ月後のお宮参り前後に贈ります。
しかし、これも母子ともに体調の安定するのを見ながらとなりますから、必ずと言うことでもありません。
品物を選ぶ際には、赤ちゃんを連れたりと、お母さんの負担にならないよう、カタログからのショッピングをお勧めします。
家族皆さんで心を込めたお返しを。また、特に親しい方以外へは、宅急便で送る方法が良いでしょう。

品物選びは、お祝いの半額から1/3を目安に。

お祝い返しの金額は、頂いた金額や品物の価格の半額を目安に考えましょう。
高額な贈り物へのお返しはいろいろと吟味も必要ですが、平均的には日用品・雑貨・砂糖・海苔・石鹸・タオルセットなど。
ちょっとしたメッセージを添えてみるのも、良いアイデアですね。 キャラクター品や実用品がオススメ。

キャラクター品や実用品がオススメ。

ひと昔前までの内祝の品としては、お赤飯やお饅頭、かつお節が一般的とされてきました。
しかし最近では、核家族や共働きの家庭が多くなってきたことにより、お届けする時間帯を選ばない食品以外のものを贈るケースが増えてきていますし、カタログの中からお好きなものを選んでいただける、カタログギフトも大変好評です。
またお子様がいる家庭には、かわいいキャラクター品が特に喜んで頂けることと思います。

赤ちゃんの命名も添えて、感謝の気持ちを。

最近では、砂糖やお菓子など、商品自体に赤ちゃんの名前を入れることもできるお名入れ品もありますので、ちょっとしたアイデアとして喜ばれますね。

出産内祝い

PAGE TOP


Copyright © ARGO All rights Reserved.