> 結婚内祝い豆知識

結婚内祝い豆知識

挙式を行った後に、お礼と報告を兼ねお返しの品を贈りましょう。
しかし、結婚祝をいただいた後すぐに、手紙や電話などでお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。
内祝をお返しするまで連絡をしないのは大変失礼にあたります。

Q. 結婚祝のお返しはどんなものがいいかしら?

お祝いをいただいたが披露宴に来られなかった方にはお返しをします。
費用は、いただいた金額や品物の価格の半額より少し高めに考えましょう。
やはりいただく側の気持ちを考えると実用品がよいでしょう。
誰の好みにも合いそうなもの、いくつあっても困らないものなどがポイントですね。
タオルセットやバスセットなどがおすすめです。また引出物をお返しに差し上げてもいいでしょう。

Q. どんなタイミングでお返しをすればいいのかしら?

挙式後1ヶ月以内にはお返しの品を贈ります。
披露宴にお呼びできなかった方や都合で出席できなかった方にも、お祝いを頂いていたなら、1ヶ月以内にお返しをするのが良いでしょう。
また数ヶ月前からお祝いをいただいたとしても、挙式を行ってから、お礼と報告を兼ねてお返しの品を贈ります。



結婚内祝の豆知識

まずは、頂いた方のリスト作りをしましょう。

親戚、職場の上司・同僚、友人・知人、ご近所など、贈られるお祝いの額も品物もさまざまですが、
どなたにも漏れなくお返しをするために、あらかじめお祝い返しのリストを作りましょう。
品物や金額ごとにグループ分けすれば、お返し選びも楽ですね。


頂いた方みんなに、丁寧なお返しを。

披露宴にお呼びできなかった方や都合で出席できなかった方にも、お祝いを頂いていたなら、1ヶ月以内にお返しをしましょう。
やはりきちんと手渡しして、お礼の言葉を添えるのが本筋ですが、やむを得ず郵送する場合には、お礼の気持ちを伝えられるものを添えると良いでしょう。 当店では、フリーメッセージカードや、
定型文章の入った結婚内祝い用のメッセージカードを無料オプションでお付けすることもできますので、
是非ともご利用ください。
詳細はこちら。

品物選びは、お祝いの半額より少し上を目安に。

お祝い返しの金額は、頂いた金額や品物の価格の半額より少し高めに考えましょう。
人数が多くなると、どうしても食品や日用品などで一括して考えがちですが、できるだけ新郎新婦二人で選んだ品物にこだわりたいものです。

実用性はもちろんセンスがいいもの。

内祝の品は食品や家庭用品などの実用的に使えるもの、という考えが一般的ですが「それだけだとちょっとさみしい」と感じる人も少なくないはず。
実用性・機能性はもちろん大切ですが、普段は自分で購入しないような、お洒落でセンスの良いアイテムにこだわってみるのも○。
色やデザインなど多彩に揃っているギフトのなかから、相手の年齢や好みに応じた品を選び、感謝の言葉と一緒にお贈りしましょう。


のし・ラッピング
メッセージカード
無料カタログお申込み

PAGE TOP


Copyright © ARGO All rights Reserved.