> 快気祝い豆知識

快気祝い

お見舞いのお礼はどうしよう?

病気やけがなどでお世話になった方へ。あたたかい励ましをいただいたあとは感謝の気持ちをお返ししましょう。

品物は?金額は?

いただいた金額の半額程度が、一般に目安とされています。
品物はお菓子や石けん・洗剤など、病が後に残らないようにという意味で消耗品を贈る場合が多いようです。


快気祝いの豆知識

快気内祝には宅配システムが最適

快気内祝には全快したことを意味する「全快祝」と、
再発・再入院のおそれがあるため全快とまでいかないものの、一区切りつけるための「快気祝」があります。
どちらも、お見舞いに来て下さった方へのお礼を含んでいるものなので、体調が整い次第準備する方がいいでしょう。
また病後ということもあるので、体に無理がかからない宅配システムを有効に活用しましょう。

お返しする時期は?

退院や床上げの後、10日目ぐらいまでに、養生をしながらお返しの品を贈りましょう。
再発したり、長引いている場合などは、何よりも完治することが大切ですから、お返しは遅れてもかまいません。
どうしてもお礼を欠かせない方には、先に手紙だけでも送ることをおすすめします。

当店では、フリーメッセージカードや、
定型文章の入った快気祝い用のメッセージカードを無料オプションでお付けすることもできますので、
是非ともご利用ください。
詳細はこちら。

快気祝いにおすすめ


のし・ラッピング
メッセージカード
無料カタログお申込み

PAGE TOP


Copyright © ARGO All rights Reserved.